スポンサード リンク

リンパの腫れ 原因は

リンパの腫れの代表は風邪です。細菌がリンパ液内に入ることで起きます。リンパ節で抗体が反応してリンパの腫れとなります。わきの下や頚部のリンパ節が腫れるものです。しかし、おおくの場合は、特に気にする必要もないほどの腫れです。病院で抗生物質を処方してもらい二三日飲み続ければ、治るものです。まってきます。

このほかに放置できない病気が原因のリンパの腫れもあります。

化膿性リンパ節炎によるリンパの腫れ、悪性リンパ腫などです。これは本来順調に細菌をやっつけるはずのリンパ節内部で細菌によって化膿してしまい起こります。リンパの腫れは3〜4cmほどの大きさになることもあり痛みも伴います。医療機関に受診し抗生物質を投与などの治療を要することになります。

「悪性リンパ腫」の場合は、白血病などの血液のがんによってリンパ節が腫れるものです。
当然、早期受診と治療を要します。リンパが腫れるほかに微熱、倦怠感、貧血、出血しやすいなどの症状や長期間リンパの腫れがつづくようなら、悪性リンパ腫を疑った方がいいかもしれません。

 あなたが自覚している症状が治ったにもかかわらず、リンパの腫れが長くつづいているような場合、一応注意を要すると考えていただいたほうが良いと思います。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。