スポンサード リンク

リンパの腫れウイルス

リンパ腺の腫れは、普通では細菌やウイルスに感染して、その炎症から起こるようです。首のリンパ腺の腫れの場合は特に風邪や、虫歯によるリンパ腺の腫れということが多いでしょう。リンパ腺の腫れは痛くないことも多いですが、ひくまでに時間がかかることがあります。

リンパ腺というのは、外部からの外敵から身を守る役割をしているそうです。体力が落ちていて、免疫力が弱まっていると腫れてしまいます。健康でいるとわかりませんが、弱っていて、リンパ腺が腫れると、体のメカニズムをあらためて感じたりします。

大抵は心配の無い腫れですが、リンパ腺の腫れにも大きな病気が潜んでいることもあります。リンパ腺の腫れが長引いたり、しこりになったりしたら病院で検査を受けたほうが良いかもしれないです。ガンなどの大きな病気がリンパ腺の腫れになっていることがあるそうです。

リンパ腺の腫れというと、首やわきの下が多いですが、足の付け根のリンパ腺の腫れも起こりやすいようです。足の付け根にリンパ腺がるのは忘れがちですが、触ってみると、なるほどリンパ腺があるのがわかります。足に怪我をして感染したり、性病から、また女性だとホルモンバランスが崩れるときに足の付け根のリンパ腺が腫れることがあります。
外からの細菌、ウイルスから守るためのリンパ腺ですから、なるほど体中にあるわけですよね。リンパ腺の腫れが起きたら、早期の受診をしたほうが安心です。

リンパの腫れと痛み

●リンパの腫れと疾病について、ピックアップしてみましょう。考えられる疾病は以下のとおりです。
心配されている方は、目安程度に参考にして、病院・診療所で受診されるようにして下さい。

・ 化膿性リンパ節炎
・ ウイルス性リンパ節炎
・ 結核性リンパ節炎
・ 亜急性壊死性リンパ節炎
・ ねこひっかき病
・ 歯周病

化膿性リンパ節炎は、強力な細菌の進入に対して白血球の攻撃がてこずった際に、リンパのハレが大きくなるものです。抗生剤の投与などで治療することが必要です。

ねこひっかき病は、猫にひっかかれるなどによって、傷に炎症をおこしリンパ節が腫れる病気です。最近はあまり見られなくなっているようですが、破傷風なども過去にはみられました。

歯周病もリンパ節の腫れの要因になります。自覚症状がなくても、着実に進行し、悪化が急激に進行することもあります。要注意です。

リンパの腫れと病気

人間の身体のなかには、血管を血液が循環しているように、リンパ管というものがあり、リンパ液が循環しています。リンパ液は腸から吸収された脂肪分や血管からでた水分を運んだり、吸収したりする役割をおっています。

リンパ管には、ところどころにリンパ節という「ろ過装置」があり、リンパ液のなかを流れてくる異物を排除する役割をはたしています。怪我をしたり、何らかのできものなどが化膿したりすると、その周辺のリンパ節が腫れたりするのは、そのためです。

一般によく語られる癌の発症と転移の可能性なども、この機能のひとつです。癌がリンパ節まで届いているばあいは、癌細胞が全身に流れていることが予想されるから、一般に転移の可能性が高くなるとみられるのです。

リンパの腫れは、リンパ節での異物に対する抗体の反応の結果としておこるものです。短期間に症状の治癒にともない解消するものと、そうでない重篤な疾病の場合もあります。

リンパの腫れが長期化したり、大きさが拡大していく場合などは警戒を要することになります。医療機関に受診することが必要になります。不安があるようなら、躊躇せず受診されることをお勧めいたします。

リンパの腫れ 原因は

リンパの腫れの代表は風邪です。細菌がリンパ液内に入ることで起きます。リンパ節で抗体が反応してリンパの腫れとなります。わきの下や頚部のリンパ節が腫れるものです。しかし、おおくの場合は、特に気にする必要もないほどの腫れです。病院で抗生物質を処方してもらい二三日飲み続ければ、治るものです。まってきます。

このほかに放置できない病気が原因のリンパの腫れもあります。

化膿性リンパ節炎によるリンパの腫れ、悪性リンパ腫などです。これは本来順調に細菌をやっつけるはずのリンパ節内部で細菌によって化膿してしまい起こります。リンパの腫れは3〜4cmほどの大きさになることもあり痛みも伴います。医療機関に受診し抗生物質を投与などの治療を要することになります。

「悪性リンパ腫」の場合は、白血病などの血液のがんによってリンパ節が腫れるものです。
当然、早期受診と治療を要します。リンパが腫れるほかに微熱、倦怠感、貧血、出血しやすいなどの症状や長期間リンパの腫れがつづくようなら、悪性リンパ腫を疑った方がいいかもしれません。

 あなたが自覚している症状が治ったにもかかわらず、リンパの腫れが長くつづいているような場合、一応注意を要すると考えていただいたほうが良いと思います。

リンパの腫れ

リンパの腫れの原因の調べ方や症状の違いを検討する前にリンパが腫れる構造を理解しましょう。

血液の中の血漿は血管から流出して身体の組織を循環しています。この血漿に新陳代謝物質が加わり組織液となりますが、その一部が血管(静脈)の中にはいり、一部がリンパ管にはいります。これがリンパ液です。

このリンパ液は、リンパ管をつうじて全身を循環していますが、このリンパ管の途中にリンパ節があり、ここで細菌などの不純物を濾過して細菌が血液にはいるのを防ぐための作用がおこり、濾過しています。これが腫れや痛みとなるのです。

皆さんも経験していることでしょうが、上下肢に怪我をしたり、できものができたりして、化膿したりした際、わきの下やあしのつけ根のところに、小さな腫れが生じ、こりこりとしたものを自覚したことがあるでしょう。これがリンパ腺の腫れです。

例えば、頸部のリンパ節は扁桃腺炎などがあるとそこが戦いの場所になって、扁桃腺炎がひいたとしても腫れ、そのまま残ることがあるのです。これは扁桃腺炎に限らず歯の病気とか咽頭炎、風邪や風疹などでもおこる腫れです。

軽症の場合は、炎症が治まると同時に、リンパ節の腫れもなくなってしまうものですが、炎症がなくなったにもかかわらず、リンパ節の腫れが残ってしまうこともあります。痛み等がなければ心配する必要はありません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。